五色のメビウス 第7部・しぼむ留学生ビジネス⑤ 「今後増える」現地で確信

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 午前10時5分、2時間目の授業が終わると競うように教室を飛び出していく。目当ては休憩室にあるカップ麺の自動販売機。ベトナム、インドネシア、フィリピンなど東南アジア出身者の1番人気はチリトマト味ですぐ売り切れる。

(残り1296文字/全文1402文字)

この記事は銀鍵記事で公開から217日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
長野国際文化学院に登校し、新型コロナ対策で手指を消毒する留学生。同校ではもともと中国からの受け入れが多かった=2021年5月10日、諏訪市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス