〈信州・まつもと大歌舞伎〉「生きるって何?」が根底に 串田和美さんが魅力紹介

長野県 文化・芸能 主要
twitter facebook

 17日に松本市で開幕する「信州・まつもと大歌舞伎」の実行委員会は12日、上演する「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の演出・美術を手掛ける串田和美さん(78)が作品の魅力を語る催しを、同市の信毎メディアガーデンで開いた。

(残り:469文字/全文:582文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

夏祭浪花鑑の見どころやコロナ禍の演出を語る串田さん=12日午後1時すぎ、松本市の信毎メディアガーデン

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能 主要