憲法事件を歩く 第2部「20条」⑧ 神社への公金支出 初の違憲判決

有料会員記事
原告弁護団事務局長を務めた草薙順一。住民監査請求の段階から原告を主導した=ことし3月、愛媛県松山市

 愛媛県が靖国神社や同県護国神社に玉串料などを公費支出したのは憲法の政教分離原則に反するとして、松山市の僧侶安西賢二(74)らが1982(昭和57)年に起こした訴訟。前段の住民監査請求を含めて主導したのは、原告弁護団の事務局長を務めた草薙(くさなぎ)順一(81)である。

あわせて読みたい