最後のシュート 高校総体辞退の強豪校 3年生が引退試合

長野県 スポーツ 社会 新型コロナ
twitter facebook

 新型コロナウイルス感染の影響で、地区高校総体への出場を辞退した松本市内の男子バスケットボール強豪校で12日、3年生部員の引退試合があった。大会直前の5月中旬にシューズを脱いでから約1カ月―。

(残り:726文字/全文:822文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

松本市のバスケットボール強豪高校で行われた3年生の引退試合でシュートを放つ3年生とブロックを試みる下級生=12日(宮坂雅紀撮影)
引退試合を終えて記念撮影に納まる選手たち

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 社会 新型コロナ