五色のメビウス 第8部・入管ブラックボックス⑥ 仲間の摘発 「使い捨てだ」

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 「ここはパパが造ったんだぞ」

 「その話、何回も聞いたよ」

 1998年長野冬季五輪で選手村として使われ、住宅団地に様変わりした長野市南部の今井ニュータウン。車で近くを通るたびに、東北信地方に住むフィリピン出身のサントスさん(42)=仮名=はつい同じ話を子どもにしてしまう。

(残り1570文字/全文1708文字)

この記事は銀鍵記事で公開から208日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
長野冬季五輪の選手村として使用された今井ニュータウンを歩いて回るサントスさん。自身も建設現場で汗を流した=2021年5月21日、長野市川中島町今井原

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス