「デーデーって誰?」 創造学園高出身の伏兵 鮮烈2位 日本陸上選手権

長野県 スポーツ 主要
twitter facebook

 男子100メートルで多田修平(住友電工)と山県亮太(セイコー)が東京五輪代表入りを決めた陸上の日本選手権第2日(25日・大阪市のヤンマースタジアム長居)。デーデー・ブルーノ(東海大・創造学園高出)が、自己記録を0秒01短縮する10秒19で2位に入った。

(残り:769文字/全文:897文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

男子100メートル決勝 2位となり喜ぶデーデー・ブルーノ。左はサニブラウン・ハキーム

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要