旧石器時代の石刃「うり二つ」 海から遠い佐久と大陸と 研究者が意見交換

長野県 主要 文化・芸能
twitter facebook

 佐久市の香坂(こうさか)山遺跡で旧石器時代の石器「石刃(せきじん)」としては国内最古となる3万6800年前の石刃群が昨年出土したのを受け、26日、市内で研究集会があった。

(残り:487文字/全文:573文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

研究集会で、香坂山遺跡で出土した石刃などを前に話す国武さん(左から2人目)ら
佐久市の香坂山遺跡で出土した(左から)大型石刃、小石刃、尖頭器=2020年10月

レコメンドニュース

関連記事

長野県 主要 文化・芸能