一茶、留守の妻に「一刻も早く帰って」 直筆の手紙見つかる

長野県 社会 主要
twitter facebook

 一刻も早く帰って―。現信濃町出身の江戸時代の俳人小林一茶(1763~1827年)が最初の妻の菊に宛…

(残り:977文字/全文:1028文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

一刻も早い帰宅を促す一茶の手紙

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要