五色のメビウス 第9部・変える⑩ 学齢超過者に「学びの場」

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 「『切って』と『来て』、『夫』と『音』。日本語は難しい」。上田市に住む日系ブラジル人4世の派遣社員下村アユミ・マルジョレさん(18)は日本語のテキストを開いて苦笑しつつも、習得を諦めてはいない。

(残り:2336文字/全文:2434文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

日系ブラジル人の恋人(左)が日本語の「先生」と話す下村アユミ・マルジョレさん。日本でも「きちんと学校に入って勉強したい」と思っている=2021年6月21日、上田市
中国の「留学予定者」向けにオンライン授業をする柳平副学院長=2021年6月14日、諏訪市の長野国際文化学院

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス