五色のメビウス 第10部・メビウス社会へ① 「支援」掲げず新たな関係

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 「相談とセットだから遠慮せず持っていって」。「SOSネットワーク上伊那」事務局長の鮎沢ゆかりさんが、レトルト食品やコメ、カップ麺などをたっぷりと袋に入れて笑顔で手渡した。

(残り:1668文字/全文:1754文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

ともに汗を流して笑顔を見せるインドネシア人技能実習生と日本人参加者=2021年6月19日、箕輪町民体育館

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス