五色のメビウス 第10部・メビウス社会へ④ 「新風」教室から地域へも

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 畳敷きの講義室に並べた机を挟み、10代の3人が向き合う。「『~らしい』ってどういうこと?」。安曇野市豊科南中学3年で日系ブラジル人の奥間歩美さん(14)がテキストの「伝聞・推定」の例文について尋ねた。

(残り:1569文字/全文:1670文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

日本語教室で日系ブラジル人の奥間さん(右)と話す高校生ボランティアの井村さん(左)と小林さん=2021年6月5日、安曇野市の穂高公民館

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス