次期衆院選 長野県内5小選挙区 情勢は混沌

長野県 政治 主要 2021衆院選
twitter facebook

 次期衆院選の県内の5小選挙区には現職、新人計11人が立候補を予定。東京五輪・パラリンピック後の衆院解散・総選挙をにらみ、決戦に向けた臨戦態勢に入っている。信濃毎日新聞社が5日まとめた調査結果では投票先を慎重に見極めようとする有権者も多く、情勢は混沌(こんとん)としている。

(残り:2647文字/全文:2784文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

【1区】篠原孝氏
【1区】若林健太氏
【2区】下条みつ氏
【2区】務台俊介氏
【2区】手塚大輔氏
【3区】井出庸生氏
【3区】神津健氏
【4区】後藤茂之氏
【4区】長瀬由希子氏
【5区】宮下一郎氏
【5区】曽我逸郎氏

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 主要 2021衆院選