プラ+生ごみ→燃料 実証実験 諏訪湖のヒシとエプソンの使用済みインクカートリッジで 損保ジャパンなど

長野県 社会 主要
twitter facebook

 プラスチックや生ごみを火力発電などで使える燃料に変える実証実験が、諏訪市で行われている。二酸化炭素…

(残り:640文字/全文:691文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

投入口(右上)からごみを入れ、炭素を凝縮した粉末(中央下)が生成される装置

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要