高遠が初の4強 高校野球長野大会

長野県 スポーツ 主要 高校野球
twitter facebook

 第103回全国高校野球選手権長野大会第13日は18日、松本市野球場で準々決勝の残り2試合が行われ、第3シードの長野日大が9年ぶり、第4シードの高遠は初の4強入りを決めた。

 長野日大は白根が東京都市大塩尻を6安打完封。打線は八回1死満塁から敵失と松永のセーフティースクイズで3点を奪った。高遠は一回に小池、小松快の適時打などで5点を先取。その後も四球で得た好機を得点につなげ、上田染谷丘に快勝した。

 予備日と休養日を挟み、第14日の22日に松商学園―高遠、長野日大―岡谷南の準決勝2試合が行われる。

初の4強入りを決めスタンドにあいさつに向かう高遠高ナイン=18日、松本市野球場

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要 高校野球