北ア槍・穂高で遭難多発 熱中症も

長野県 社会 主要
twitter facebook

 夏山シーズンに突入した北アルプスの槍ケ岳・穂高連峰周辺で遭難事故が急増している。山岳遭難防止常駐隊が北アで活動を始めた14日以降、21日までに計8件の遭難事故が発生し、2人が死亡した。

(残り:498文字/全文:591文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

山岳遭難の発生状況を伝える掲示板と登山者=22日午前9時20分ごろ、北アルプス・涸沢

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要