中国・台山原発、仏なら一時停止 燃料棒破損、合弁の電力会社見解

全国・世界 科学・環境・医療・健康 原発問題
twitter facebook

 【パリ共同】中国広東省の台山原発の燃料棒が破損し冷却材中の放射性物質の濃度が上昇した問題で、合弁で…

(残り:216文字/全文:267文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

 建設中の台山原発=中国広東省台山市(CNS=共同)

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 科学・環境・医療・健康 原発問題