甲子園切符の松商、支えたメンバー外の3年生 「強くするため」ひた向きに

長野県 スポーツ 主要 高校野球
twitter facebook

 23日に松本市野球場で決勝が行われた第103回全国高校野球選手権長野大会。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大会が中止。2年ぶりの甲子園切符を懸けて松商学園高(松本市)と長野日大高(長野市)が繰り広げた熱戦には、熱のこもった思いが届けられた。

(残り:751文字/全文:877文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

ナインを出迎える岩渕晴大さん(右から3人目)と石川楓真さん(同4人目)=23日午後1時36分、松本市野球場
優勝が決まり喜びをはじけさせる松商学園の応援スタンド=23日午後0時8分、松本市野球場

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要 高校野球