〈山ろく清談〉前国際協力銀行総裁・近藤章さん 経済力落ちた今こそ複眼で

有料会員記事
こんどう・あきら 名古屋市出身。東大卒。1967(昭和42)年、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。常務やソニー執行役員専務、富士火災海上保険社長CEO、AIGジャパン・ホールディングス副会長などを経て2016~18年に国際協力銀行総裁。76歳。北佐久郡軽井沢町の万平ホテルで。

 住友銀行(現三井住友銀行)に入り、米ニューヨークに17年いました。1980年代後半、日本の銀行は経済力を背景に、今では考えられないくらい地位が高かった。円高ドル安に誘導した85年のプラザ合意の頃で、日本のカネの力はすごかった。

あわせて読みたい