原爆後の広島写真にバツ印 佐賀・唐津、訓練で配布

全国・世界 科学・環境・医療・健康
twitter facebook

 昨年11月に佐賀県唐津市で開かれた県原子力防災訓練で、同市が原発との違いを説明する目的で、原爆が投…

(残り:217文字/全文:268文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

 昨年11月、佐賀県唐津市で開かれた県原子力防災訓練で使用された、原爆が投下された広島市内などの写真に赤色のバツ印を付けた資料(同市提供)

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 科学・環境・医療・健康