奥原 「自分らしさ」全開 連勝で決勝トーナメントへ

長野県 スポーツ 東京五輪
twitter facebook

 東京五輪第6日の28日、バドミントン女子シングルスの1次リーグE組で、奥原希望(太陽ホールディングス・大町市出身)がエフゲニア・コセツカヤ(ロシア・オリンピック委員会=ROC)にストレート勝ちし、2戦2勝の1位で決勝トーナメント進出を決めた。

(残り:630文字/全文:752文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

女子シングルス1次リーグ ROCの選手を破り、決勝トーナメント進出を決めた奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ(中村桂吾撮影)
笑顔の奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ(中村桂吾撮影)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 東京五輪