若い世代の感染 県内でも拡大 続けば医療逼迫恐れ

長野県 社会 新型コロナ
twitter facebook

 新型コロナウイルス感染者のうち、若い世代の割合が県内でも高まりつつある。高齢者に比べて重症化する例は少ないとされるものの、専門家は、一定数の人の症状が重くなるのは避けられないと指摘する。拡大が続けば、医療提供態勢の逼迫(ひっぱく)につながる恐れもあり、関係者には懸念が広がっている。

(残り:772文字/全文:914文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 新型コロナ