ドライソーセージ「これシカない」 松本・塩尻で捕獲された鹿の肉活用

長野県 経済 主要
twitter facebook

 松本大(松本市)と食品製造販売のまるたか(安曇野市)、JR東日本長野支社(長野市)などが、松本市と塩尻市で捕獲された鹿の肉を使ったドライソーセージを開発した。

(残り:306文字/全文:386文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

松本市や塩尻市で捕獲した鹿の肉を使ったドライソーセージをPRする松本大生ら

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要