江戸末期の「善光寺地震」 真田家文書で迫る被害の実相

長野県 社会 主要
twitter facebook

 江戸末期の1847(弘化4)年に県北部を襲った善光寺地震で、本震による家屋などへの被害は山地側に集…

(残り:740文字/全文:791文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

松代藩の史料を基に、被害が甚大な村と「別条なし」の村の位置を地理院地図に落とした図(原田さん作成。断層帯などを付け加えた)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要