男子フルーレ団体 西藤ら日本迫った表彰台 3年後への「自信」

長野県 スポーツ 主要 東京五輪
twitter facebook

最後の突きを浴びた主将の松山は膝をついてうなだれた。男子フルーレの日本は2大会ぶりの表彰台に手をかけながら、3位決定戦で米国に完敗。復活を期した若き剣士たちの挑戦は、あと一歩のところで終わりを告げた…

(残り:681文字/全文:781文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

男子フルーレ団体 準決勝でフランスの選手と対戦する西藤(右)=幕張メッセ(中村桂吾撮影)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要 東京五輪