【独自】軽井沢、川端康成の別荘が解体の危機 「貴重な文化遺産失う」危惧の声

長野県 社会
twitter facebook

 北佐久郡軽井沢町にある、ノーベル文学賞作家の川端康成(1899~1972年)が所有した別荘が、取り壊しの危機にあることが1日、分かった。現在、別荘を所有する神奈川県内の不動産会社の関係者が7月下旬、別荘周辺の住民に9月からの解体作業着手を伝えた。町内の文化団体や文学愛好家からは「解体されれば…

(残り:782文字/全文:930文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

川端康成が長年過ごした別荘。解体を含めた検討が進んでいる=1日、軽井沢町
軽井沢の別荘でたたずむ川端康成=1959年8月(軽井沢高原文庫提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会