〈山ろく清談〉現代文明論・ファシズム文化研究者 池田浩士さん 自発的な行動 束ねた先は

長野県 文化・芸能 山ろく清談
twitter facebook

中学、高校時代は文学少年で、ドストエフスキーが好きでした。

(残り1192文字/全文1221文字)

この記事は銀鍵記事で公開から173日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
いけだ・ひろし 滋賀県出身。京都大名誉教授。慶応大大学院博士課程修了。専門は現代文明論・ファシズム文化研究。主な著作に「ボランティアとファシズム」「抵抗者たち―反ナチス運動の記録」「子どもたちと話す天皇ってなに?」。81歳。松本市中央2の信毎メディアガーデンで。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能 山ろく清談