〈山ろく清談〉歌手・森山良子さん 歌うべき歌、真正面から

長野県 文化・芸能 山ろく清談
twitter facebook

「さとうきび畑」には「ざわわ」が66回出てきます。

(残り1241文字/全文1266文字)

この記事は銀鍵記事で公開から169日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
もりやま・りょうこ 1967(昭和42)年、「この広い野原いっぱい」でデビュー。ヒット曲は「涙(なだ)そうそう」「さとうきび畑」など。98年の長野冬季五輪開会式では「雪ん子」の子どもたちとテーマソング「明日こそ、子供たちが…」を歌った。東京都出身。73歳。南佐久郡南牧村の八ケ岳高原音楽堂で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能 山ろく清談