〈山ろく清談〉山の日協議会理事長・梶正彦さん 山の恵み 次世代に残す責務

長野県 社会 山ろく清談 山小屋ネット
twitter facebook

電機メーカーで働いていた父親の転勤で、小学4年から中学2年まで松本市で暮らしました。

(残り1236文字/全文1278文字)

この記事は銀鍵記事で公開から167日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
かじ・まさひこ 神奈川県鎌倉市出身。シティ銀行やアブダビ国立銀行勤務を経て、2001年にインド最大手のタタ・グループに入社。03年からタタコンサルタンシーサービシズジャパンの社長、12年から会長を歴任した。20年5月から全国山の日協議会理事長。74歳。松本市のあがたの森公園で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 山ろく清談 山小屋ネット