軽井沢の「千ケ滝分校」 戦争末期に入学した生徒が文集出版 戦中戦後の暮らし伝える

長野県 暮らし・話題 #あちこちのすずさん
twitter facebook

大正末期から約30年間、軽井沢町千ケ滝に存在した学びやに光を当てる文集が出版された。太平洋戦争末期に入学した卒業生が中心となり編集した「戦中戦後の軽井沢疎開生活と千ケ滝分校の記憶」だ。卒業生たちは、食糧難の時代を助け…

(残り:894文字/全文:1003文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

軽井沢町にあった「千ケ滝分校」の跡地で、文集を手にする倉石さん。表紙の写真は映画「カルメン故郷に帰る」に登場した分校

レコメンドニュース

関連記事

長野県 暮らし・話題 #あちこちのすずさん