〈新型コロナと五輪・光と影〉モザイクアートのような国立競技場像に見入る

有料会員記事
ビルの鏡状の窓ガラスに映る国立競技場。まるでモザイクアートのようだ=7月29日、東京都新宿・渋谷区境

東京五輪閉会式が行われた国立競技場(東京都新宿区)の周辺を歩くと、道路の向かい側のビル壁面を覆う無数のガラスが目に入る。鏡状の1枚1枚に断片的に映る競技場はまるでモザイクアート。新型コロナウイルス感染が急拡大する中で続いた…

あわせて読みたい