〈山ろく清談〉絵本作家・いせひでこさん 本物から感じ、世界が広がる

長野県 社会 山ろく清談
twitter facebook

 1985(昭和60)年8月12日の日航ジャンボ機墜落事故で当時9歳の次男健ちゃんを亡くした美谷島邦子さんと絵本「けんちゃんのもみの木」を作り、昨年出版しました。御巣鷹山(群馬県)で美谷島さんの夫が植えたモミの木を…

(残り1019文字/全文1127文字)

この記事は銀鍵記事で公開から167日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
いせ・ひでこ 札幌市生まれ。パリの製本職人と少女の交流を描いた「ルリユールおじさん」で講談社出版文化賞絵本賞。著書はゴッホと弟の物語「にいさん」、東日本大震災後に緊急出版した「木のあかちゃんズ」など。72歳。10月5日まで原画展を開催中の安曇野市の絵本美術館「森のおうち」で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 山ろく清談