〈山ろく清談〉経済学者・諸富徹さん 知的生産へ人への投資を

長野県 経済 山ろく清談
twitter facebook

 1990年代を境に欧米ではデジタル化と脱炭素化が進みました。日本は乗り遅れ、引き離されています。

(残り1349文字/全文1398文字)

この記事は銀鍵記事で公開から164日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
もろとみ・とおる 大阪府出身。京都大大学院経済学研究科教授。専門は財政学と環境経済学。二酸化炭素排出に価格を付け、市場に取り込むカーボンプライシングを長く研究。代表的な著書に「資本主義の新しい形」「『エネルギー自治』で地域再生! 飯田モデルに学ぶ」。52歳。大町市の木崎湖畔で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 山ろく清談