〈山ろく清談〉日本視覚障害者囲碁協会代表理事・柿島光晴さん 今できる最善策、探し続けて

長野県 社会 主要 山ろく清談
twitter facebook

 17歳で、視野が狭くなったり夜に見えにくくなったりする網膜色素変性症と診断されました。20歳ごろから症状が進み、24歳でほぼ見えなくなりました。盲学校卒業間近だった26歳で、少年に天才棋士が乗り移るアニメ「ヒカルの碁」にひかれ、打ち始めました。

(残り1138文字/全文1261文字)

この記事は銀鍵記事で公開から156日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
かきじま・みつはる  東京都出身。2015年に日本視覚障害者囲碁協会を設立、視覚障害者向け碁盤「アイゴ」普及を手掛ける。17年から岩手県大船渡市で全国盲学校囲碁大会を開催(昨年は開けず)。同年、日本青年会議所人間力大賞準グランプリを受賞。43歳。下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉後楽館で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 山ろく清談