〈山ろく清談〉映像キュレーター・沢隆志さん 映像鑑賞、たき火のように

長野県 文化・芸能 山ろく清談
twitter facebook

 職業は映像キュレーター、いわゆる「映像の学芸員」ですね。博物館や美術館と企画展のテーマを考え、こんな映像がいるよね、などと話し合って入手や借り受けに向けて調整、交渉したり、展示や告知の方法を提案したりします。

(残り1150文字/全文1255文字)

この記事は銀鍵記事で公開から158日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
さわ・たかし 水戸市出身。中央大卒。2000~10年に東京の映画館シアター・イメージフォーラムのフェスティバルディレクターを務め、現在フリー。あいちトリエンナーレ2013の他、15、16年に東京都庭園美術館、17、18年に青森県立美術館で映像作品展を手掛けた。49歳。長野市の県立美術館で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 文化・芸能 山ろく清談