〈山ろく清談〉昆虫写真家・海野和男さん みんな一生懸命生きている

長野県 暮らし・話題 主要 山ろく清談
twitter facebook

新型コロナウイルスの感染が拡大してこの1年半は、小諸市の御牧ケ原台地にあるアトリエ近くに整備した「バタフライガーデン」を手入れする毎日です。

(残り1063文字/全文1133文字)

この記事は銀鍵記事で公開から152日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
うんの・かずお 東京都出身。東京農工大卒。日本自然科学写真協会会長。小中学生のための写真コンテスト「生きもの写真リトルリーグ」実行委員長。1999年から毎日、公式ウェブサイト「小諸日記」を更新中。74歳。22日まで写真展を開いていた小諸市立小諸高原美術館がある飯綱山公園で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 暮らし・話題 主要 山ろく清談