〈山ろく清談〉作家・宮本輝さん 何事も動じぬ人間、書きたい

長野県 主要 文化・芸能 山ろく清談
twitter facebook

 37年かけて2018年に全9巻が完結した「流転の海」は、軽井沢で書き始めました。

(残り1221文字/全文1262文字)

この記事は銀鍵記事で公開から153日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
みやもと・てる 神戸市生まれ。1977年に「泥の河」で太宰治賞、78年に「螢川」で芥川賞、87年に「優駿」で吉川英治文学賞。「避暑地の猫」「星々の悲しみ」「青が散る」など数々の作品を北佐久郡軽井沢町でも執筆。他に「錦繍(きんしゅう)」「骸骨ビルの庭」など。近著は「灯台からの響き」。74歳。町内の別荘で。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 主要 文化・芸能 山ろく清談