広がる抗体カクテル療法、効果と課題 まつもと医療センターの医師ら語る

長野県 社会 新型コロナ
twitter facebook

 新型コロナウイルスの感染「第5波」が続く中、重症化予防に効果的だとされる「抗体カクテル療法」を始める医療機関が県内でも増えつつある。感染者数が高止まりする松本市にある国立病院機構まつもと医療センターもその一つ。25日、現場の医師や看護師らが信濃毎日新聞の取材に応じ「従来の治療法より手応えがある」と語った。

(残り:1181文字/全文:1335文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

点滴による「抗体カクテル療法」を再現する病院スタッフ=25日、国立病院機構まつもと医療センター(同センター提供)
新型コロナの患者の対応について語る鈴木医師=25日、松本市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 新型コロナ