国内最古「石刃」の製作場所 佐久の香坂山遺跡で見つかる(動画あります)

長野県 社会
twitter facebook

 旧石器時代の石器「石刃(せきじん)」としては国内最古となる3万6800年前の石刃群が昨年出土した佐久市の香坂山(こうさかやま)遺跡で、同年代の石刃の製作場所が新たに見つかったことが27日、分かった。

(残り:724文字/全文:824文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

今回の調査で見つかった大型石刃。昨年の出土品に比べて2倍近い大きさという
香坂山遺跡で調査を進める国武さん(左から2人目)。この場所で大型石刃などが固まって見つかり、大型石刃の製作場所としている=27日午前11時41分、佐久市香坂

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会