知財を事業拡大に生かす 長野県内の中小企業 独自のアイデア守り技術PR

長野県 経済
twitter facebook

 特許権や商標といった知的財産を事業拡大に活用する中小企業の動きが、県内で目立ってきた。新型コロナウイルスの感染拡大などでビジネス環境が激変する中、自社の強みや独自のアイデアを知的財産として保護し、市場価値を高める狙いがある。

(残り2211文字/全文2324文字)

この記事は銀鍵記事で公開から142日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
日本装置開発が開発したエックス線CTスキャナーの新機種。新たな技術で特許を申請中だ=20日、安曇野市
テープジャパンの「穴あきテーピングシート『リカバリ』」。大小の穴がある形状で特許を取得した

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済