知財を事業拡大に生かす 長野県内の中小企業 独自のアイデア守り技術PR

長野県 経済
twitter facebook

 特許権や商標といった知的財産を事業拡大に活用する中小企業の動きが、県内で目立ってきた。新型コロナウイルスの感染拡大などでビジネス環境が激変する中、自社の強みや独自のアイデアを知的財産として保護し、市場価値を高める狙いがある。

(残り:2211文字/全文:2324文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

日本装置開発が開発したエックス線CTスキャナーの新機種。新たな技術で特許を申請中だ=20日、安曇野市
テープジャパンの「穴あきテーピングシート『リカバリ』」。大小の穴がある形状で特許を取得した

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済