短期滞在資格者にも「公的保険の加入必要」の声

長野県 主要 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 新型コロナで帰国できなくなった元実習生の多くが、国保に加入できない短期滞在(原則90日間)の在留資格を更新しながら働いている。今回の事件を受け、短期滞在資格の元実習生でも住民票取得や公的保険加入ができるよう制度を見直すべきとの声が医療者や外国人支援者から上がる。

(残り:760文字/全文:892文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 主要 社会 五色のメビウス