東御の高地プール パリ五輪見据え「恒久化」視野 課題は

有料会員記事
大橋選手らが東京五輪前に合宿をした湯の丸高原の高地トレーニング用プール=1日、東御市

 東御市が標高約1730メートルの湯の丸高原に整備した高地トレーニング用プールは、東京五輪の大会直前まで調整した大橋悠依選手(25)が女子個人メドレー2種目で金メダルを獲得するなどし、脚光を浴びた。市は3年後のパリ五輪を見据えプールの「恒久化」も視野に入れる。

あわせて読みたい