BC首位攻防戦 信濃惜敗 群馬にM1

長野県 スポーツ BCL
twitter facebook

 ルートインBCリーグは11日、高崎市城南球場などで5試合が行われ、信濃グランセローズは同じ中地区で首位の群馬に4―5で敗れ、ゲーム差は3に広がった。連勝は2で止まり、通算成績は34勝19敗8分け。群馬は地区優勝のマジックナンバー「1」とした。

 信濃は二回に押し出し四球と山本の適時打で2点を先制し、三回に1点を加えた。しかしその裏、先発の鈴木が2死満塁から押し出し死球とボークで追い付かれ、四回は2死二塁から2点本塁打を浴びた。五回に小西の犠飛で1点を返したが、七回1死二、三塁は逸機。同球場の特別ルールにより試合は八回で終了した。

 信濃は12日午後1時から中野市営球場で同地区の新潟と対戦する。信濃の予告先発は佐渡、新潟は中園。

群馬―信濃 二回、マウンドに集まる信濃ナイン

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ BCL