【独自】麻酔せずに犬を帝王切開か 松本の事業所の劣悪環境飼育問題

長野県 社会
twitter facebook

松本市内の犬の販売事業所が劣悪な環境で犬を飼育していたとして動物愛護法違反の疑いで松本署の家宅捜索を受けた問題を巡り、経緯に詳しい獣医師が13日までに信濃毎日新聞の取材に応じ、事業所の代表者が犬に麻酔をかけずに帝王切開していた疑いがあると複数の元従業員らから聞いたと明らかにした。

(残り:621文字/全文:761文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

家宅捜索で捜査員に抱きかかえられる犬=2日、松本市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会