売木の旧老舗旅館 テレワーク施設やシェアハウスに 22年オープン目指す

長野県 経済 主要
twitter facebook

売木村で2007年に廃業した「岡田屋旅館」が、村の投資でテレワーク(遠隔勤務)のできる施設と、他人同士が共同生活するシェアハウスとして生まれ変わる。

(残り:574文字/全文:648文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

10月に改修工事が始まる岡田屋旅館。テレワーク施設などとして再出発する

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要