〈声のチカラ〉選挙事務 性的少数者への配慮は?

長野県 社会 2021衆院選
twitter facebook

 衆院選が今秋に迫る中、中信地方の60代女性から「県内の選挙事務でトランスジェンダーへの配慮はどうなっているのでしょう」と、本紙「声のチカラ」(コエチカ)取材班に声が寄せられた。例えば普段は女性として暮らしていても、戸籍上は男性の場合がある。その事情を周囲に知らせずに暮らしている人には、投票所での本人確認で…

(残り:1265文字/全文:1420文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

4月の参院県区補選で使われた千曲市の投票所入場券。以前あった性別欄は削除した
選挙事務でのトランスジェンダーへの配慮を求める長岡さん

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 2021衆院選