特殊な結晶構造の希少鉱物 小谷に「千葉石」 国立科学博物館など2例目確認

長野県 社会
twitter facebook

 北安曇郡小谷村中土の岩山から出た鉱物が、特殊な結晶構造を持ち天然ガス分子を閉じ込めている希少な「千葉(ちば)石(せき)」と確認されたと17日、国立科学博物館などが発表した。

(残り:621文字/全文:708文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

小谷村で見つかった「千葉石」の仮晶(岩中央の白い部分)=17日、小谷村役場

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会