「集中対策期間」終了後、初の週末 好天の信州 観光地に目立つ人出

長野県 社会 主要 新型コロナ
twitter facebook

 3連休の中日の19日、台風が通過して久々にすっきりとした青空が広がり、県内の観光地には大勢の観光客らの姿が見られた。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大は収束しておらず、混雑を避ける人もいた。

(残り:384文字/全文:480文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

3連休中日の19日は晴れて気温が上昇し、行楽地には県内外の観光客が訪れた。国宝松本城では天守への入場待ち時間が最大70分となり、長い列ができた=19日午後2時4分、松本市
晴天の下、マスク姿の観光客でにぎわう松本市の縄手通り=19日午後1時12分
参拝客らでにぎわう善光寺周辺=長野市、19日午後4時24分

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 新型コロナ