ようやく亮太のそばに… 御嶽山噴火災害の行方不明者家族 八丁ダルミ木曽側を初の独自捜索

長野県 社会 主要 御嶽山噴火
twitter facebook

 2014年9月の御嶽山噴火災害で行方不明となっている大学生野村亮太さん=噴火当時(19)=の父敏明さん(61)と叔父正則さん(58)=ともに愛知県刈谷市=が21日、立ち入り規制が続く八丁ダルミに入り、初めて木曽郡木曽町側の斜面を独自捜索した。手掛かりの発見には…

(残り:1146文字/全文:1278文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

野村亮太さんのリュックが見つかった付近の岩に花や写真を供え、手を合わせる(左から)父の敏明さんと叔父の正則さん=21日午後0時2分、木曽町(町提供)
野村亮太さんのザックが見つかった岩の周囲を掘り、シャベルを見つめる父の敏明さん=21日午後0時8分
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 御嶽山噴火