五輪・パラの競技用具に信州の技術 県内中小メーカーの高度な金属加工

長野県 経済
twitter facebook

 今夏の東京五輪・パラリンピックで活躍した陸上やフェンシングなどの選手の競技用具に、県内の機械系メーカーの技術が採用された。

(残り1389文字/全文1451文字)

この記事は銀鍵記事で公開から114日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
東京パラリンピックの400メートルユニバーサルリレー決勝で、走りだすアンカーの鈴木選手。車いす後輪の中央にミネベアミツミのベアリング部品が使われている=9月3日
鈴木選手の競技用車いすに採用されたミネベアミツミのベアリング部品
東京五輪で採用されたフェンシングの「ヒルト」の試作品を手にする浜島・取締役工場長
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済