五輪・パラの競技用具に信州の技術 県内中小メーカーの高度な金属加工

長野県 経済
twitter facebook

 今夏の東京五輪・パラリンピックで活躍した陸上やフェンシングなどの選手の競技用具に、県内の機械系メーカーの技術が採用された。

(残り:1389文字/全文:1451文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

東京パラリンピックの400メートルユニバーサルリレー決勝で、走りだすアンカーの鈴木選手。車いす後輪の中央にミネベアミツミのベアリング部品が使われている=9月3日
鈴木選手の競技用車いすに採用されたミネベアミツミのベアリング部品
東京五輪で採用されたフェンシングの「ヒルト」の試作品を手にする浜島・取締役工場長
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済