「玉音放送」4日前 落ちてきた米軍ビラ 「捕まるかもしれなかった」

長野県 暮らし・話題 #あちこちのすずさん
twitter facebook

 包み紙に赤ペンで、丸で囲んだ「必」と「とみ子」の署名。中を開くと「日本の皆様」に宛てた1枚の紙が出てきた。1945(昭和20)年夏、米軍機がまいたビラ…

(残り:1685文字/全文:1762文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

終戦間際に米軍機からまかれ、中山富子さんがしまっていたビラ。日本がポツダム宣言を受諾する用意がある、と書かれている
母、中山富子さんの遺影を手に、戦時の伝単について語る治さん

レコメンドニュース

関連記事

長野県 暮らし・話題 #あちこちのすずさん